同僚とまさかの関係に No1

今何をしているかというと、前回の体験の余韻に浸っています・・・。
デリヘルを呼ぶ様になって今でも続いている事なんですが、かなり素晴らしい経験をすると、なかなか忘れることができないです。
ふとした瞬間にプレイ内容を思い出しては勃起する・・・。なんて事がしばしばあります。
最悪なのが仕事中に思い出してしまうと、女性の前で大変な事になります。

今日も女性社員の前で勃起してしまい、大変な目にあいました。
誰も見ていないかな?と思ったのですが、昼休みに一人の同僚にこっそり「さっき大きくなってたでしょ?なんで???気になる〜!!!」と言われました。
やはりバレていた様です。

私は何てごまかそうかと瞬間的に色々考えて、「デリヘルのこと思いだして〜」と、つい本当の事を漏らしてしまったのです。
自分で墓穴を掘ってしまったのですが、同僚は「ふ〜ん」と言って何処かに行ってしまいました。
しばらくして彼女からラインメッセージが来ました。内容は、

「そんなにしたいんなら秘密で私としない?」

という内容でした。

とんでもない直球な内容のメッセージにびっくりしましたが、私は、「お願いします」とだけ返事をすると彼女から、

「んじゃ早速今日しようよ!」

と返事が来ました。
かなり展開な事態に、私の脳は事態をまだよく把握していませんが、とりあえずホテルを予約して会社が終わり次第会うことになりました。
この日仕事は全く手につかず、彼女のことばかり考えていました。
仕事が終わり、指定された会社からほど近い福島のコンビニの駐車場で待っていると、後ろから聞き覚えのある声がします。
彼女はリクルートスーツのままやって来ました。

ホテルへ行く最中、なんでこんなに私につきまとうか聞いてみました。
もともと彼女は私に興味があったらしく、今日の事件で近づけるかなと思ったらしいでのです。「ホテル行こう」と言い出したのは、ただ純粋にエッチがしたかったからだけの様でしたが、後で詳しく聞いてみないとなんとも言えません。
いつもデリヘルで使っているホテルに着くと、彼女は「抱っこしていい?」と聞いて来たので「うん」と返事をすると、抱きつかれました。

彼女はとてもいい匂いがしました。

しばらく抱き合っていると、私はムラムラとしてしまって、つい、おっぱいを触ってしまいました。
彼女は無抵抗だったので、私の行動は次第に大胆になっていきます。
ブラウスのボタンの隙間から手を入れて、直接おっぱいを触ると彼女は「はぁ〜ん」とため息を漏らしました。
ブラジャーをずらして乳首を触ると、すでに硬く大きくなっていました。コロコロと転がしたり、甘くつまんだりしているうちに彼女は虜になった様にすけべな目つきで私をみていました。
軽くキスをすると、彼女は舌を入れて答えてくれました。
私は、

「仕事中俺のことを考えてたの?」

と聞くと、「うん」と言って恥ずかしそうにしていました。

Be the first to comment

Leave a Reply

Your email address will not be published.


*