とある高級店で No2

前回の続きの、福島の高級デリヘル店での様子その2です

硬くなった乳首を優しく刺激すると、彼女は可愛らしい声で「クンクン」と泣いてきます。
さすが高級店だけありますね。この時点で高い料金を払う価値があります。
私はこの上質なレベルに感動すら覚えました。一人で感動していると、今度はお風呂タイムの様です。
着ている服を丁寧に一枚ずつ脱がされると、ビンビンに勃ったあそこが露出します。彼女はからかってちんこの先っぽをチョンチョンと弾くと、

「あらもうこんなに。かわいい・・・」

と言ってお風呂に入っていきました。
私の後をつけて入っていくと、すぐに洗いっこが始まりました。
泡をつけて丹念にいろいろな所を洗ってもらいました。私もお礼にと、おっぱいや乳首、あそこも触れてみました。彼女はパイパンで、とても清潔感のある股間です。
私は割れ目をつ〜っとなぞっていきました。クリトリスに差し掛かると、体がビクンと震えます。
そしてクリトリス付近に指を行ったり来たりさせると、ビクビクビクと体を痙攣させて感じている様でした。

「もー!いじわるばっかりして〜!」

なんて怒られていまいましたが、そんな怒っている姿も素敵な女の子です。

風呂場を出ると一服して、ベッドへと向かいました。
彼女は興奮がまだ解けないようで、ベッドに到着するや否や激しいキスをしてきました。彼女の舌が強引に入って来るのを感じると一気に興奮してきます。
彼女の様な美人さんから口の中を掻き回されると、トロけそうになります。
意識がもうろうとして来るのを我慢しながら、私はそのまま乳首を吸いました。ほどよくコリコリとした乳首はエロさを醸し出しています。
乳首に吸い付いたままクリトリスを刺激すると、彼女は電気が走った様に激しく体をヒクつかせて、イってしまいました。
私の手は彼女の愛液でぐっしょりと濡れてしまいました。それほど興奮しているとは思いませんでしたから、驚きました。

そのまま指は彼女の中に入っていきます。
ゆっくりと指を出し入れすると、その動きに合わせてかわらしいため息が耳元で聞こえます。
微かな声で「もっと・・・激しく・・・。」と聞こえました。
私は徐々に出し入れするスピードを上げてやると顔を歪ませてエクスタシーの頂点にイってしまっている様でした。
仕上げに指を動かしながら反対の手でクリトリスをグリグリと刺激すると、大量の潮が噴き出しました・・・。
彼女はすごく恥ずかしそうにしてこちらを見てきましたが、「大丈夫だよ」というと安心した様に目を瞑っていました。

後から聞いた話ですが、今まで潮を吹いたことがないらしく、私の手マンテクニックをかなり褒められました。
すっかり気を良くした私は、最後に素股でイきたいと申し入れます。
彼女を四つん這いにさせると、私はお尻の割れ目にチンコを挟んで一目散に動かしました。
ローションと彼女の愛液が合わさった液体はすごく滑りが良くてあっという間に昇天してしまいました。
あまりにも早かったため時間が余ってしまいましたので、彼女について色々と質問してみました。

彼女はどこ出身なのか?これはタブーな質問でしたが、福島の女の子ではない様です。
話の内容から察すると、四国地方の様な気がします。
そして、衝撃的な事実なんですが、来月いっぱいでデリヘルを卒業して地元に帰るとのことでした。
私はそれまでにもう一度呼ぶことを約束してこの日は終わりました。

Be the first to comment

Leave a Reply

Your email address will not be published.


*