スマホアプリ

最近の私の趣味といえばスマホアプリのゲームだ。
某有名な角度をつけて弾くだけのゲームだが、シンプルだが奥が深い。
どっぷりとハマってしまい、気がつくと深夜までしている。

先日、何気なく福島のデリヘルのポータルサイトを眺めていた時に女の子のブログで先ほどのゲームのことばかり書いている女の子がいた。
私は親近感を覚えてしまって、この子を呼びたくて仕方なくなってしまう。
思考よりも行動が早くなり、気がつくとこの子を予約していた。
この子のブログを見る限り、私と同じ時期にスマホゲームを始めて、今現在は同じようなレベルにある。
私はこのゲームに相当時間を突き込んできたため、必然的に彼女のレベルが高いことは把握していた。

ホテルに着き、彼女がやってくると、私は驚いた。
とてもゲームにのめり込んでしまうような顔ではなかったからだ。彼女の体つきはとてもセクシーで、すぐにで触りたくなってしまう。
唇はぼてっとしていて、ラメラメのグロスリップをつけているので、ずっと見ているうちに、その唇に吸い込まれてしまいそうになります。
彼女とゲームの話をすると、やはり私と同じぐらいのレベルで、今躓いているところも一緒でした。オンラインIDを交換して、一度試しに一緒にプレイしてみると、彼女の方が上手でした。
ゲームはここら辺でやめにして、本題の体の相性です。
ブラウスを脱ぐと、彼女の豊満な胸が露出しました。彼女の胸はまん丸で、下着の中を早く見てみたくて我慢できないでいると、彼女は下乳だけを見せてきました。
巨乳ならではの下乳です。はみ出た胸が本当にセクシーでした。

私は我慢できずに彼女に近づくと、その大きな胸を鷲掴みにして、思う存分揉みしだきました。
たまに乳首を親指でコロコロと転がしてやると、彼女は気持ちが良くてのたうち回ります。なんども同じことを繰り返して、次第に彼女を絶頂のピークへと導きます。
会って間もないのにこんないやらしい事をしていると、その非現実的な光景で私はさらに興奮してきました。
こう言うことを一度立ち止まって客観的に見てみるとズンズンと股間が重くなるような気分になります。ジェットコースターふわっとする感覚とも似ています。

ドキドキした感覚を鎮めながら、私は彼女のされるがまま、全裸にされてソファーに座りました。すると彼女は優しく私の息子を咥えてきたのです。
口の中は暖かくて、とても気持ちの良いものでした。咥えながら彼女は舌で鬼頭部分をレロレロと転がしているのがわかります。
私はここまま体を預けてみようと思って、しばらく無抵抗でされるがままになってみました。
彼女のフェラチオは底なしで、吸引しながら鬼頭を攻めるスタイルは変わらず、快感が増幅して生きます。
次第に私は我慢の限界を迎え、とうとう、彼女の口内で昇天してしまいました。股間の先からは興奮でマグマの様に熱くなった精液が洪水かの如く流れ出したのです。

彼女はそれを嬉しそうに口の中に含むと、一気に飲み込みました。

Be the first to comment

Leave a Reply

Your email address will not be published.


*